新着情報詳細
ブログ

冬至南瓜に年取らせるな

本日は冬至。

冬至がいつかは天文学的に決まり、毎年、12月21日か22日になります。冬至は毎年特定の日付ではありません。

冬至と聞くと一番寒い日と思っていましたが、最も寒いとされるのは1月下旬の「大寒(だいかん)」でした。

冬至とは

1年で最も昼が短い日のことで、毎年、12月22日頃になります。太陽の力が一番弱まる日であり、この日を境に再び力が甦ってくることから、太陽が生まれ変わる日ととらえ、古くから世界各地で冬至の祝祭が盛大に行われていました。

 

「ん」のつく食べ物を食べると運が向上するという言い伝えもあります。

  • にんじん
  • だいこん
  • れんこん
  • うどん などなど

 

今日、ユズを浮かべた柚子湯に入り、カボチャを食べると風邪を引かないと言われている。柚子湯に入るのは、運を呼び込む前に体を清めるという意味があります。

冬が旬の柚子は香りも強く、強い香りには邪気がおこらないという考えがありました。また、柚子は実るまでに長い年月がかかるので、長年の苦労が実りますようにとの願いも込められています。

 

柚子湯には血行を促進して冷え性を緩和したり、体を温めて風邪を予防する効果があります。さらに果皮に含まれるクエン酸やビタミンCによる美肌効果、芳香によるリラックス効果もありますよ。

 

「冬至南瓜に年取らせるな」

このことわざは
かぼちゃは夏から秋にとれる野菜で、栄養をそこなわずに保存がきくので、野菜のとれない時期のために貴重でした。そのかぼちゃも冬至を過ぎるころにはいたんでくるので、年内に食べきるようにという教えです。かぼちゃは、「南瓜」と漢字で書くことから、南に運気を向けるため冬至に相応しい食べ物とされてきました。
かぼちゃの鮮やかな黄色い身の色から、金運を祈願するという意味も込められているそうです。かぼちゃ最強ですね。

 

かぼちゃは、カロチンやビタミンAなどが豊富で栄養価が高く、風邪予防や健康を守る備えでもありました。

 

体調を崩しやすい12月に訪れる冬至。

ビタミン、栄養をしっかり摂ってあたたかいお湯で温まって冬のウイルスに向かっていきましょう

 

「おススメ過去記事」

温活始めませんか

インフルエンザの流行シーズン

免疫力アップ

 

寒い季節におすすめドリンク

~毎日牛乳をモ~1杯。冬でも牛乳をモ~1杯。~

寒さとともに牛乳の消費量は減少します。

冬休みには牛乳消費量の1割を占める学校給食用牛乳の供給が休止することなどから、年末年始は特に牛乳の消費量が減るそうです。

最近ではコロナの影響で学校給食がなくなったりで牛乳の消費量が大幅に下がっているそうです。

農林水産省では、牛乳をいつもよりもう1杯、もう1本消費いただくことをお願いする「NEW(乳)プラスワンプロジェクト」を開始しています。

農林水産省HPより引用

 

先日、コンビニでホットミルクを注文しました。飲むとホッと安心するホットミルクは眠れない日や寒い日などにこれから飲みたくなります。コンビニによっては割引が始まっています。

効果

①自律神経がリラックス

②気持ちが落ち着きストレス解消

③胃に優しい

④腸の活動を活発にするので便秘に効果がある

※飲み過ぎるとカロリーやおなかが緩くなる場合もありますので調節してください。

シナモンパウダーをすこしかけるものおススメです。

ぜひお試しください。

 

岐阜の病院が探せる↓↓

◆岐阜県エリアの 病院・医院・介護施設がすぐに見つかるポータルサイト 医療&介護ガイドぎふ◆

 

 

 

一覧へ戻る